台風の強風で屋根が壊れた時、どうすれば?

ここ数年、台風による家屋の被害が増加しています。

家屋の浸水や、強風による損壊など。

 

例えば、台風の強風で雨どいや瓦が壊れてしまった場合…。

ほとんどの方は、自費で修理してしまうようですが、実は火災保険が使える場合が多いのです!

ご存知ですか?

約9割の火災保険は、火事以外の雪、雨、風、雷の被害にも適用できることを。

そして、保険というと大きな被害がないと受給できないと思いがちですが、保険金が下りるために被害の大小は関係なく、重要なのは原因なんです。

被害の原因が補償範囲内の風雨や雪雷によるものと保険会社に判断されれば、被害が出た場所の現状復旧費は支払われます。

だから…

築5年以上の一軒家をお持ちの方,貰いそびれている火災保険金を受け取りませんか?

調査費は無料です!

 

だから、心当たりのある方は、まずは相談!

 

 

コメントを残す