またも地震の被害が…|大阪地震

2018年6月18日の朝、近畿地方を襲った進度6超の地震。

時間を追うごとに被害の全容が明らかになっています。

残念なことに亡くなられた方も複数名おられます。この場を借りてお悔やみ申し上げます。

 

朝の通勤通学の時間帯に起こった地震。交通網も大混乱ですが、恐らく外出先で混乱に巻き込まれてしまった方々は、目的地にも着けず、家にも帰れずで身の置き場にも困ったことでしょう。

帰宅困難になったときの被災セットなるものも市販されていますが、毎日毎日それを持ってあるくわけにもいかないでしょう。荷物になり過ぎますから。その場で持っているものを使って出来ることをするのが精一杯だと思います。

ただ、自宅や勤務先には水や日用品の備蓄は可能なので、リストを作って”最小限”の準備は絶対にやっておくべきでしょう。被災地以外の方々も”後で”ではなく、”今すぐに”です!!

>>>防災グッズ一覧

水、非常用トイレ、雨風・寒さを凌げる物、食料、照明…優先順位はそういったところでしょうか。

 

水は生きる上で最重要ですから、水だけでも確保しておくべきです。飲み水としての水の他、トイレを流すためにお風呂のため置きをするとか、雨水を溜めておくとか…。

 

また、都市部など、人口の多いところではライフラインの修復は早いでしょうが、郊外から不便な地域に行くに従って遅くなる傾向にあります。水や食料の配給なども同様になります。だから、公の支援を待つのではなく「自分で自分と家族を守る」といった考え方で、平素からの準備や、被災時の対応についてを家族で話し合っておくべきでしょう。

 

 

 

コメントを残す