骨盤のゆがみと肥満のかんけいとは…

骨盤のゆがみが肥満につながる!

地球の重力がかかる人類。その人類の体を支えているのが「骨盤」です。骨盤が歪んでいるということは、家の土台が歪んでいるのと同じことです。


骨盤の歪みは、それが支えている内蔵に影響を及ぼし、神経系統が集中する脊髄にも影響を及ぼし、血行が悪くなったり、むくみや冷え性の原因になったりすることがあります。

それらを放置しておくと、様々な病気の原因にもなりかねません。また、血液などの循環が滞ることで「肥満」にもつながります。

骨盤のゆがみによって体液の流れが悪くなるのは、大きな問題です。

重力に従って体の下の方へ流れていく血液を、重力に逆らって心臓に戻るように働いているのが「筋肉」です。

この「筋肉」によって、正常に生きているのです。

体全体をつないでいる「筋肉」。

その「筋肉」を正常に働かせるために重要なのが、体の中心にある「骨盤」なのです。

だからこそ、骨盤が正しい位置にあることが大切になるのです。

骨盤が正常な位置にあることで、体が真っすぐになり、体液が円滑に流れるようになります。

健康づくりの第一歩は、骨盤矯正から…というのは、そういった理由からなのです。

正しい位置の骨盤は、正しい姿勢を作り、正常な体液の流れを促し、健康につながるのです!